水の硬度について

水の硬度はミネラルの成分によって3つに分類されます。

水の硬度とは?

水の種類には軟水と中硬水と硬水の3つがあります。それはミネラル成分の分類で硬度の数値により、分けられています。日本は軟水が多く、水道水も軟水に含まれます。ちなみにアメリカの水道水は硬水です。

硬度とは?

1リットル中に含まれる成分のカルシウムイオンとマグネシウムイオンの数値を硬度計算式の公式に当てはめ、算出したもの。カルシウムイオンとマグネシウムイオンが少ない硬度100以下は軟水と分類され、硬度301以上の水は硬水、硬度101以上300以下の中間くらいのものが中硬水と呼ばれ分類されています。

【硬度計算式】カルシウム量×2.1+マグネシウム量×4.1=硬度
※単位はmg/1リットル

例えば、1リットルの天然水にカルシウム量が20mg、マグネシウム量が10mgあった場合

20×2.1+10×4.1=83

となり、硬度83と表されます。

販売されているミネラルウォーターには必ず明記されていますので、確認してみて下さい。なお、硬水は赤ちゃんに飲ませてはいけない場合もありますのでご注意下さい。なお、硬水は海外産が主流です。ミネラルウォーターをコンビニやスーパーなどで購入する際は必ず確認しましょう。

関連記事

  • 市販されている軟水
  • 市販されている中硬水
  • 市販されている硬水

健ハウジング独自の提供サービス「my住まい」は、新築戸建、分譲・賃貸マンション、売地を写真付きで物件データが検索できる機能です。

物件を探す https://www.8111.com/