水と健康

人間の身体に欠かせない水について解説します。

健康を考えて意識して水を飲む

人間の60%は水分で出来ています。そのため水分の摂取量が少ないと健康に影響を及ぼします。

代表的なものとして熱中症が挙げられます。30~40年前は「スポーツ中に水を飲むな」という指導が当たり前のように行なわれてきましたが、近年ではスポーツ中の水分補給は必須になっています。水分補給を怠ると熱中症となって、死亡してしまう場合もありますので十分注意が必要です。

また海外旅行などで長時間同じ姿勢で居るとかかってしまうエコノミー症候群も水分不足が原因と言われています。更には中高年の脳梗塞や心筋梗塞も水分不足がリスク要因とされています。

それ以外に、生活に関係する要因としてアルコールの摂取時があげられます。アルコールを摂取すると尿の量がいつも以上に増えるので、脱水症状に陥りやすくなるため注意が必要なのです。

このようにたかが水ですが、私たちの身体のさまざまな健康に関わっています。そのような背景があり厚生労働省では、水分不足による健康障害防止に関する運動に取り組んでいる程なのです。

それでは1日にどれくらいの水分を摂取すればいいのでしょうか?

1日2~2.5リットルとされています。これは飲料が大半ですが、食事に含まれる水分から摂取する分も含めてあります。特に気をつけておきたいのが、朝起きた直後にはまず水を飲むこと。睡眠中は当然水分の摂取がないため、血液はドロドロの状態になっています。しかし、これは水を飲むだけで改善されます。誰でも出来ることですから、コーヒーを飲む前にお水を飲むように心がけましょう。

また水を飲む際には、一度に大量に飲むのではなく、コップ1杯程度にして時間の間隔を空けて飲みましょう。

健康を考えて意識してお水を定期的に飲む、これは誰にでも出来ることなので是非実践しましょう。

おすすめ情報

初めて飲食業を開業する方に人気を集めているのがキッチンカーでの移動販売です。なんといっても少ない開業資金で始められるところが最大の魅力です。一人で回していくなら軽車両の専用車でスペースは十分です。店舗にもなるこの車は自分で中古車を改造するより、一から制作業者に頼んだ方が骨組みもしっかりしているので長く愛用できます。内装も自分の思った通りにデザイン、カスタムすることで無駄な動きが出ないため作業効率がアップし、売上にも繋がります。また、軽車両は4ナンバーの登録が可能となるため、税金やガソリン代などのランニングコストも低く抑えることができます。固定店舗では日によって客足がバラバラですが、移動店舗なら集客が集まりそうなところに自分からいつでも出向くことができるので低リスクで販売することができます。軽自動車のキッチンカー制作に特化した神根自動販売では、一つ一つのパーツにもこだわって制作しているのでこれから移動販売業を始めようと検討している方におすすめです。

キッチンカー制作の依頼はこちら